コラム

登記する事業目的で使ってはいけないNGワードとは?法律以外の裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業目的の決め方のルール

事業目的については、株式会社にせよ合同会社にせよ必ず決めなければならない事項として会社法で決められています。

目的は必ず登記しなければいけませんが、その内容については会社法上もそれほど詳細には書かれていません。事業目的の定め方については、法律には書かれていませんが、一般的には以下のルールを守りましょうということになっています。

明確性 意味が明瞭で、一般の人が事業目的を読んでも意味が理解できること
適法性 事業目的の記載内容が法律や公序良俗に反していないこと
営利性 事業目的は利益をあげるための内容であること(「寄付」などは事業目的にならない)

これらのルールを守って事業目的を定めれば事業目的の登記は可能です。しかし、上記のルールを満たして登記しても、特定のワードを使用してしまったために、その後銀行口座開設などで支障が発生するケースがあります。こうした事業目的のNGワードに注意する必要があります。

事業目的のNGワード

事業目的のNGワードについては、実際には特定のリストがあるわけではないため、経験則になってしまいますが、一言でいえば「一般的な人のイメージで宗教的なものを連想してしまうワード」です。

例えば「スピリチュアル」、「霊魂」、「チャネリング」、「ヒーリング」などです。もちろんこうしたビジネスを行う人が自ら宗教だと思ってやっているわけではないと思います。ただし、一般的には宗教色を感じられて、株式会社や合同会社などの営利ビジネスを行って利益を生み出していくという性質と相いれません。そのため、会社名義での銀行口座の開設のときなどに支障が出る場合があります。

上記で列挙したワード以外にも宗教的・精神的な言葉はありますが、とにかくこうした「一般的に」宗教を連想させるようなワードは使わないことが重要です。こうした関係のビジネスを行う人にとっては、こだわりがある言葉かもしれませんが、そこは「セミナーの開催及び運営」のように一般的な言い回しにして事業目的を登記するようにしましょう。

この記事の執筆者

渋田貴正
渋田貴正
V-Spiritsグループ 税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士
税務顧問・社労士顧問のほか、会社設立登記や会社変更の登記などの実務を幅広くを担当。その他各種サイトや書籍の執筆活動も展開中。

関連記事

新着コラム

  1. なぜバーチャルオフィスでの口座開設が難しいといわれるのか会社設立をするときに必ず決めなければ...
  2. 現在の代表取締役(または代表社員)が退任することになり、後任の代表者が選任されたケースを想定します。
  3. 宣誓供述するのは誰でもよいわけではない外国で登記された会社が日本で継続して取引を行うには日本...
  4. 士業法人は会社形態でいうと「合名会社」に近い性質を持ちます。
  5. 日本に営業所がなくても外国会社の登記は必要海外で登記された会社、いわゆる外国会社については、...
ダウンロードはこちら