合同会社設立

合同会社設立 実質0円パック料金

 V-Spiritsに依頼いただいた場合ご自分でやった場合
印紙代60,000円60,000円
定款作成費用40,000円(※)
専門家への報酬40,000円
登記簿謄本の取得代、交通費、郵送費全て上記にコミコミ約5,000円
合計100,000円105,000円
※電子定款によらない場合、4万円の印紙代がかかってしまいます。

合同会社の設立は、株式会社よりも登録免許税が少なくて済みます。(株式会社25万円、合同会社10万円)また、定款認証がないため、その分の費用も掛かりませんし、設立までの期間も株式会社に比べて数日早くすることが可能です。
合同会社は、飲食店や小売店など、あまり会社名を表に出さない、比較的小さな会社によく利用されています。年々設立の件数や割合も増えてきています。(およそ株式:合同=4:1)

弊社にご依頼いただいた場合、株式会社設立の「実質0円パック」よりもさらにお得な料金となっています。ご自分でやるよりも5千円程度安く済みます。
もちろん、安いからといって手は抜きません。株式会社と同じように、無料面談相談や設立時のコンサルティングなど株式会社と同じように全力です。

もちろん初期費用以外にも株式会社と合同会社にはいろいろ違いがあります。
株式会社と合同会社の違いについてはコチラもご覧ください。

新着コラム

  1. 海外在住の人でも日本で会社を設立して代表取締役(合同会社であれば代表社員)になることができます。
  2. 本店所在地の登記パターン会社設立をする際に、重要なポイントの一つが本店の所在場所です。
  3. まとめて登記申請することで登録免許税が節約できるよくお客様から、「まとめて申請すると税金安く...
  4. 中小企業での自己株式の買い取り中小企業では、会社との合意によって、会社に対して株式を譲渡(株...
  5. 日本に一時帰国中に会社設立することも可能いまでは海外在住の人だけでも日本で会社設立が可能とな...
ダウンロードはこちら