合同会社設立

合同会社設立 初めて起業応援割

V-Spiritsに依頼いただいた場合ご自分でやった場合
印紙代60,000円60,000円
定款作成費用40,000円(※)
専門家への報酬27,000円
登記簿謄本の取得代、交通費、郵送費全て上記にコミコミ約5,000円
合計87,000円105,000円
※電子定款によらない場合、4万円の印紙代がかかってしまいます。

合同会社の設立は、株式会社よりも登録免許税が少なくて済みます。(株式会社210,000円~、合同会社87,000円)また、定款認証がないため、その分の費用も掛かりませんし、設立までの期間も株式会社に比べて数日早くすることが可能です。
合同会社は、飲食店や小売店など、あまり会社名を表に出さない、比較的小さな会社によく利用されています。年々設立の件数や割合も増えてきています。(およそ株式:合同=4:1)

弊社にご依頼いただいた場合、株式会社設立の「はじめて起業応援割」よりもさらにお得な料金となっています。ご自分でやるよりも5千円程度安く済みます。
もちろん、安いからといって手は抜きません。株式会社と同じように、無料面談相談や設立時のコンサルティングなど株式会社と同じように全力です。

 

※初めて起業応援割は、国内外含めて初めて会社を設立される方が対象となります。以下の場合は適用対象外となります。

・国内外にて法人を設立したご経験がある方

・すでに個人事業主として活動されている方

・海外の出資者や役員がいる場合

 

もちろん初期費用以外にも株式会社と合同会社にはいろいろ違いがあります。
株式会社と合同会社の違いについてはコチラもご覧ください。

新着コラム

  1. 一般社団法人の公告方法一般社団法人を設立する場合にも、株式会社や合同会社と同じように公告方法...
  2. 会社設立後に発行済みの株式を他者に譲渡したり、株主だった人から株式を譲り受けたりすることがあります。
  3. 不動産管理会社の収益の計上方法には主に以下の3パターンがあります。
  4. 国外送金等調書とは?国際的な取引が当たり前になってきている中で、国際送金についても日常的に行...
  5. 不動産管理会社の収益の計算方法個人で所有する不動産の収益を個人から法人に移転するために不動産...
ダウンロードはこちら