会社設立費用

会社設立費用会社を設立するために最低限必要な金額は、
株式会社 約24万円
合同会社 約10万円
です。(外部に依頼する場合の専門家報酬を含まない場合。)

 

 

その内訳として、会社設立にかかる費用は、以下に分かれています。

1.登録免許税(いわゆる印紙代)
2.定款認証手数料
3.定款に貼る印紙代

合同会社では定款認証は不要なので、1と3のみがかかります。

(1)登録免許税について
①株式会社の場合
資本金の金額×0.7%(ただし、上記金額が15万円を下回る場合は、15万円)
多くの起業家は、資本金数百万円で始めるケースが多いので、実際は15万円となる場合が多いです。

②合同会社の場合
資本金の金額×0.7%(ただし、上記金額が6万円を下回る場合は、6万円)
合同会社の設立の場合も、大体は6万円となる場合が多いですが、株式会社に比べて、金額の分岐点が低い(大体860万円くらい)なので、会社によっては、6万円以上かかる場合もあるかもしれません。

(2)定款認証手数料について
定款認証にかかる費用はおおよそ52,000円です。
内訳としては、定款認証手数料が50,000円、認証した定款の控え2通分(会社での保管用と、法務局への提出用です。)の取得費用として約2,000円です。
なお、定款認証の手続きは、合同会社では不要です。

(3)定款に貼る印紙代について
定款に貼る印紙代は4万円です。
この印紙は定款の認証を受けているかどうかに関わらず必要です。つまり、株式会社だろうと、合同会社だろうと必要になってくるということです。

しかし、電子定款という方法を用いることで、この4万円の印紙は必要なくなります。印紙税法上、印紙を貼ることが必要な定款は、紙媒体に限られるためです。

当社でも、もちろん電子定款による定款作成を行いますので、クライアント様に4万円の印紙代を請求することはございません。また、弊社の報酬もこの4万円と実費の範囲内に収めておりますので、弊社にご依頼いただいても、ご自分で手続きしてもトータルの費用は変わりません。

 

 

 

新着コラム

  1. 会社が資本金を増やす方法には、新たに出資を受ける方法(有償増資)がケースとしては多いですが、それまで...
  2. 一旦合同会社として会社設立した場合に、株式会社への組織変更が必要になることがあります。
  3. 合同会社では、新たな社員の加入をする際には、定款に特別の定めがなければ、総社員の同意が必要です。
  4. 株式会社を設立するときは、出資金を発起人の口座に入金する必要があります。
  5. 海外在住の人でも会社設立が可能ということで別コラムを書いていますが、これは日本国籍を持つ日本人だけで...
ダウンロードはこちら