労災・雇用保険

従業員を雇う場合は、労災保険と雇用保険にも加入しなければなりません。
提出期限はありますが、遅れたとしても必ず提出しなければならない書類です。

ただし、雇用保険については、一定の要件を満たす従業員のみが加入できます。
雇用保険の加入義務についてはコチラをご覧ください。

労働基準監督署 適用事業報告 従業員を使用するようになった場合 労働基準法の適用事業となってからできる限り早く
時間外労働及び休日労働に関する協定届(36協定書 従業員に時間外労働をさせる場合 時間外・休日労働を行う前まで
労働保険関係成立届 従業員を使用するようになった場合 従業員を雇った日から10日以内
労働保険概算保険料申告書 従業員を使用するようになった場合 従業員を雇った日から50日以内
ハローワーク 雇用保険適用事業所設置届 雇用保険に加入する従業員を使用するようになった場合 従業員を雇った日から10日以内
雇用保険被保険者資格取得届 雇用保険に加入する従業員を使用するようになった場合 従業員を雇った月の翌月10日まで

新着コラム

  1. 会社が資本金を増やす方法には、新たに出資を受ける方法(有償増資)がケースとしては多いですが、それまで...
  2. 一旦合同会社として会社設立した場合に、株式会社への組織変更が必要になることがあります。
  3. 合同会社では、新たな社員の加入をする際には、定款に特別の定めがなければ、総社員の同意が必要です。
  4. 株式会社を設立するときは、出資金を発起人の口座に入金する必要があります。
  5. 海外在住の人でも会社設立が可能ということで別コラムを書いていますが、これは日本国籍を持つ日本人だけで...
ダウンロードはこちら