社会保険

社会保険(健康保険・厚生年金保険)に関する届出は以下の通りです。提出期限は目安ですので、遅れたからといって加入ができなくなるわけではありません。というよりは、会社は強制加入(役員報酬や給料の支払いがない場合は例外)ですので、期限に関わらず、必ず加入手続きを取らなければなりません。
社会保険の加入義務についての詳細は、こちらをご覧ください。

また、加入にあたっては登記簿謄本が必要となってきますので、忘れずに取得しておきましょう。また、基礎年金番号が必要となりますので、年金手帳を準備します。失くしている場合は、年金事務所で再発行手続きを取る必要があります。

加入手続きが遅れると、その分保険証が手に入るまでの期間も長くなってしまいます。従業員にも不便をかけてしまうので、手続きはできる限り早めに取ることが会社としての責任です。

提出先 提出書類 提出する場合 提出期限
年金事務所 健康保険・厚生年金保険新規適用届 健康保険・厚生年金保険に加入する場合 健康保険・厚生年金保険に加入する日から5日以内
健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届 健康保険・厚生年金保険に加入する場合 健康保険・厚生年金保険に加入する日から5日以内
健康保険被扶養者(異動)届 被保険者に扶養する者がいる場合 扶養に入る場合、できる限り早く
国民年金3号被保険者資格取得届 被保険者に被扶養配偶者がいる場合 扶養に入る場合、できる限り早く

当社は、電子申請による加入手続きを行っていますので、窓口提出に比べてより早く保険証が取得できます。会社設立からの一貫した流れで手続きを進めますので、よりスムーズに加入手続きが完了します。

新着コラム

  1. 会社が資本金を増やす方法には、新たに出資を受ける方法(有償増資)がケースとしては多いですが、それまで...
  2. 一旦合同会社として会社設立した場合に、株式会社への組織変更が必要になることがあります。
  3. 合同会社では、新たな社員の加入をする際には、定款に特別の定めがなければ、総社員の同意が必要です。
  4. 株式会社を設立するときは、出資金を発起人の口座に入金する必要があります。
  5. 海外在住の人でも会社設立が可能ということで別コラムを書いていますが、これは日本国籍を持つ日本人だけで...
ダウンロードはこちら