記帳代行サービス

どんな会社や個人事業主も税務申告や経営状態の把握のためには毎月帳簿をつける必要があります。一方で、会計帳簿は家計簿のように単純構造ではなく、税金や会計の専門知識がないと、処理がわからないケースもたくさんあります。かといって経理や事務担当者を雇うのは固定費がかかり、起業家にとっては難しいものです。

そんな起業家のために、手間も人手も専門知識も必要とする経理事務を代行するのが記帳代行サービスです。毎月、領収証、通帳コピー、請求書を送ってもらうだけで、プロが作った帳票を納品します。

<記帳をプロに依頼するメリット>

その1 大切な経営者の時間を生み出す!
伝票を書いたり帳簿をつけたりすることは直接売上につながりません。
当社の「まるごと記帳代行」を利用すれば帳簿作成からファイリングまで、すべての会計に関する業務をすべて代行しますので、その時間本来の業務に専念できます。

1.売上や仕入れ等の請求書、2.領収書等、3.通帳のコピーなどをご郵送いただくだけで、「損益計算書」「貸借対照表」「総勘定元帳」「仕訳日記帳」などを作成します。

その2 雇用による固定費の削減ができる

 

当社に依頼するメリット
その1
税理士が記帳することで、節税対策や税金計算上のメリットを合わせてご提案できます。

その2
年々改正される税金の計算に対応していくので、税務調査が入った時でも安心です。

 

【お預かりする記録】
入金・出金の記録(売上・領収書等)、請求書、預金通帳のコピー等

【作成する帳票】

月 々
残高試算表
決算時
総勘定元帳、貸借対照表、損益計算書、決算書等  
その他
決算シミュレーションなど(ご希望に応じて作成いたします。別途お見積り)

新着コラム

  1. 会社が資本金を増やす方法には、新たに出資を受ける方法(有償増資)がケースとしては多いですが、それまで...
  2. 一旦合同会社として会社設立した場合に、株式会社への組織変更が必要になることがあります。
  3. 合同会社では、新たな社員の加入をする際には、定款に特別の定めがなければ、総社員の同意が必要です。
  4. 株式会社を設立するときは、出資金を発起人の口座に入金する必要があります。
  5. 海外在住の人でも会社設立が可能ということで別コラムを書いていますが、これは日本国籍を持つ日本人だけで...
ダウンロードはこちら