許認可

A businessman calculating expenses at tax time業種によっては、会社設立後にその業種を管轄している所管 各庁の許可を受けたり、登録や届け出をしたりする必要があります。

これらの手続きを取らずに営業を行うと、知らなかったでは済まされず、営業停止や罰金といった罰則を課せられる可能性もあります。やろうとしている業種が、許可等が必要かどうか会社設立前に事前にチェックし、営業前 に必ず手続きを行うようにしましょう。

手続きに必要な書類は、ほとんどが所管官庁のホームページで入手することができます。これらを利用して、ご自分で手続きをすることも、もちろん可能です。しかし、中には非常に手間のかかるものもあり、書類をそろえるのに手間取って、営業開始が遅れてしまうケースも考えられます。

以下、簡単に各種届出の種類を解説します。

許可は、安全などの理由から、営業に際して審査が必要な業種を始める際に必要です。審査に合格して初めて、営業が可能となります。建設業や一般労働者派遣業などが該当します。

免許は、許可同様一定の審査を経て営業が可能となりますが、個人に対して営業をする資格を与えられます。宅地建物取引業などが該当します。

登録は、許可ほど厳しい審査が必要ではありませんが、一定の要件を満たす必要がある業種を始める際に必要になります。必要事項を官庁に登録して初めて、営業が可能となります。旅行業や、貸金業などが該当します。

届出は、営業を行うことを官庁に文字どおり届け出る手続きで、原則として審査は行われません。 手続きとしては、もっとも要件がやさしいものとなります。クリーニング店などが該当します。

【許可・免許が必要なもの】

業種 手続きの種類 所管官庁
建設業 許可 国土交通大臣または都道府県知事
タクシ-業 許可 国土交通大臣
トラック運送業 許可 運輸局長
自動車分解整備業 許可 運輸局長
一般労働者派遣事業 許可 厚生労働大臣
人材紹介業 許可 厚生労働大臣
飲食店 許可 保健所
ホテル・旅館 許可 保健所
介護事業 許可 都道府県知事
産業廃棄物収集運搬業 許可 都道府県知事
産業廃棄物処分業 許可 都道府県知事
中古品販売 許可 公安委員会
風俗営業 許可 公安委員会
酒の販売 免許 税務署長
宅地建物取引業 免許 国土交通大臣または都道府県知事

【登録・届出が必要なもの】

旅行業 登録 国土交通大臣または 都道府県知事
旅行代理業 登録 都道府県知事
倉庫業 登録 国土交通大臣
貸金業 登録 財務局長または都道府県知事
警備業 登録 公安委員会
軽トラック運送業 届出 運輸局長
特定労働者派遣事業届出 届出 厚生労働大臣
美容院 届出 保健所
理髪店 届出 保健所
クリーニング店 届出 保健所
探偵業 届出 公安委員会

新着コラム

  1. 英語の社名を登記することはできない海外の顧客相手にビジネスをするクライアント様も増えてきてお...
  2. 執行役員とはどのようなポジション?会社法で役員といえば、取締役や監査役といったポジションが規...
  3. 実質的支配者リストとは?会社設立の件数も年々増加し、株主が外国籍の人だったり、外国会社だった...
  4. 会社の代表者の住所の登記上非公開化がけn現在は会社の代表者の住所は会社の登記の必須事項となっ...
  5. 外国の会社が日本の顧客にオンラインサービスを提供するには外国会社の登記が必要いまでは海外の会...
ダウンロードはこちら