コラム

種類株式を廃止するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

種類株式を廃止するには株主総会と種類株主総会の特別決議が必要

 

いったん発行した種類株式について、その定めを廃止する場面があります。

・出資先から優先株式を発行する条件で出資を受け入れた場合で、その後出資が引き上げられたため、当該種類株式の登記が必要なくなるケース

・新たに出資を受け入れるにあたって、既存株主が持つ優先株式を普通株式に転換する必要があるケース

などが考えられます。

種類株式を廃止するには、定款変更を伴いますので、まずは株主総会での特別決議が必要となります。

そのうえで、種類株主総会での特別決議も必要となります。この場合には、株式の内容の変更に該当しますので、たとえ種類株主総会の決議を省略できる旨が種類株式の内容として定められていたとしても、種類株主総会の決議を省略することはできないことに注意が必要です。

この場合、種類株主にとっては不利に働くケースが多いです。そのため、個別の合意が必要かという点については、種類株主に損害を及ぼすおそれがあるとして種類株主総会の特別決議を経由していれば個別の合意がなくても問題ないということになっています。

会社法 第322条

  1. 種類株式発行会社が次に掲げる行為をする場合において、ある種類の株式の種類株主に損害を及ぼすおそれがあるときは、当該行為は、当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会(当該種類株主に係る株式の種類が二以上ある場合にあっては、当該二以上の株式の種類別に区分された種類株主を構成員とする各種類株主総会。以下この条において同じ。)の決議がなければ、その効力を生じない。ただし、当該種類株主総会において議決権を行使することができる種類株主が存しない場合は、この限りでない。

種類株式を廃止する登記

種類株式を廃止する場合は、種類株式の内容とともに、発行可能種類株式総数の廃止も必要です。

この場合は、「発行可能種類株式総数及び発行する各種類の株式の内容の廃止」ということで登記申請することで、既存の種類株式関連の登記が抹消されることになります。

この記事の執筆者

渋田貴正
渋田貴正
V-Spiritsグループ 税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士
税務顧問・社労士顧問のほか、会社設立登記や会社変更の登記などの実務を幅広くを担当。その他各種サイトや書籍の執筆活動も展開中。

関連記事

新着コラム

  1. 取締役ごとに任期を変えることはできる特に中小企業においては、創業社長とその後に取締役に就任し...
  2. 責任限定契約とは?取締役をはじめとする株式会社の役員は、その職務の遂行にあたって会社に損害を...
  3. 事業目的における制作と製作の使い分け会社設立の際に必ず決めなければならないのが事業目的です。
  4. 取締役などの任期の伸長例えば、もともと2年などの期間で取締役の任期を設定していた株式会社が、...
  5. 顧問弁護士も監査役への就任が可能監査役の選任が必要になるケース、例えば取締役会を設置しようと...
ダウンロードはこちら