コラム

日本に住民票を残したままの海外在住者の住民税は課税される?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住民税の課税は生活の本拠で判断される

当事務所では日本での会社設立を行いたい海外在住の人からの問い合わせを多くいただいています。

その中で、海外在住だけど、日本に住民票を残したままといったケースがあり、その場合に日本で住民税が課税されるのかといった問い合わせをいただくことがあります。

このケースは、住民登録はされているけど、実際にはその住所を生活の本拠にしていないケースです。

この場合には、住民税の課税について以下のように定められています。

地方税法 294条

3 市町村は、当該市町村の住民基本台帳に記録されていない個人が当該市町村内に住所を有する者である場合には、その者を当該住民基本台帳に記録されている者とみなして、その者に市町村民税を課することができる。この場合において、市町村長は、その者が他の市町村の住民基本台帳に記録されていることを知つたときは、その旨を当該他の市町村の長に通知しなければならない。

この規定は、住民票を生活の本拠ではない場所に置いている場合は、その所在地の市区町村では住民税を課税できないということを表しています。

そのため、日本に住所を置いていたとしても、実際の生活の拠点が海外の場合は日本での住民税は課税されないということになります。住民税の課税は、住民票だけでなく、生活の実態に応じて判断されるということです。(会社設立した場合は、自分への役員報酬について、住民票を残してある市区町村に給与支払報告を提出しなくてもよいということになります。)

外国人の住民税の課税関係

外国籍の人が日本に滞在している場合は、中長期在留者・特別永住者などで1月1日に住所がある場合はその自治体で住民税の課税対象になります。

中長期在留者とは以下の人をいいます。

1)3月以下の在留期間が決定された者
2)短期滞在の在留資格が決定された者
3)外交又は公用の在留資格が決定された者
4)前3項目に準ずる者として法務省令で定めるもの
多くのケースでは1)が該当しますので、3か月超の在留資格により日本に滞在する外国籍の人は1月1日時点で日本国内に住所を持っていれば住民税の課税対象になります。
外国在住で日本国内に会社を設立しようとする場合は、このように住民税や、所得税の課税などについても確認が必要です。海外在住で日本に会社を設立しようとする場合は、その分野に強い税理士や司法書士に依頼をすることをおすすめします。
当事務所でも多くの海外在住の経営者様の会社設立をサポートしてきました。お気軽にご相談ください!

この記事の執筆者

渋田貴正
渋田貴正
V-Spiritsグループ 税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士
税務顧問・社労士顧問のほか、会社設立登記や会社変更の登記などの実務を幅広くを担当。その他各種サイトや書籍の執筆活動も展開中。

関連記事

新着コラム

  1. 海外在住のクライアント様の増加や、取引先の国際化のなかで、会社設立の際に会社名の英語表記についてこだ...
  2. 非営利の一般社団法人とは?一般社団法人のうち、非営利性が徹底された法人については行う事業のう...
  3. 一般社団法人の非営利と公益の違いとは?一般社団法人には2つの言葉的に似た概念があります。
  4. 外国会社はインボイス登録の前提として登記が必要インボイス制度が始まり、インボイスを発行する場...
  5. 納税管理人とは?海外に出国して非居住者になる場合で非居住者になった後も確定申告が必要な人、例...
ダウンロードはこちら