コラム

株主名簿とは?記載する事項は決まっている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株主名簿の記載事項は決まっている

株主名簿とは、その名の通り、株式会社の株主が誰なのかということを一覧にしたものです。

一般的な名称に思えますが、会社法でしっかりと「株主名簿」という用語が出てきて、記載事項まで指定されています。

会社法121条(株主名簿)

 株式会社は、株主名簿を作成し、これに次に掲げる事項(以下「株主名簿記載事項」という。)を記載し、又は記録しなければならない。

一 株主の氏名又は名称及び住所
二 前号の株主の有する株式の数(種類株式発行会社にあっては、株式の種類及び種類ごとの数)
三 第一号の株主が株式を取得した日
四 株式会社が株券発行会社である場合には、第二号の株式(株券が発行されているものに限る。)に係る株券の番号

株主名簿への記載事項として法定されているのは上記の4つです。その中で、「株券発行会社」であるケースは少ないので、実質的には3項目ということになります。(もし株券発行会社で株券が不発行であれば、その旨を株主名簿に記載しておけばよいでしょう。)

氏名又は名称 住所又は所在地 保有する株式の種類及び数 株式取得日
山田 太郎 東京都新宿区新宿0-0-0 普通 100株 2021年4月1日
株式会社ABC 東京都千代田区千代田0-0-0 A種 10株 2022年1月1日

会社設立をした際の発起人として株式を取得した日については、株式取得日=会社設立日となります。

株主名簿の管理方法

上場会社のように、日々株主が入れ替わるようなケースでは、信託会社などに株主名簿の管理を委託しています。この場合の委託先を「株主名簿管理人」といいます。しかし、ほとんど株主の変動がない中小企業では、自社で株主名簿を管理しています。

 

株主名簿は会社が作成してデータなどで保存しておく義務があります。通常はExcelなどで作成して、保存しておくことが多いでしょう。

以前は、株主名簿は税務署への法人設立届出書の添付書類だったので、法人設立届出書を提出する際についでに作成していましたが、今は添付書類から除かれています。そのため、意識して作成する必要があります。株主=発起人のみといった会社では、株主名簿がないからといってそれほど困ることはないですが、会社法上作成が求められているため、作成しておくべきです。

登記に使う株主リストと株主名簿の関係

株主名簿と似たようなものに、登記で使用する株主リストがあります。株主リストは、登記申請で添付した株主総会議事録について、その議決権を持つ株主をリスト化したものです。

株主名簿の法定記載事項には、議決権数がないため、一般的には株主リストに使用することはできません。保有する株式数は株主名簿の記載事項ですが、種類株式などを考慮すると、必ずしも保有株式数=議決権数というわけではありません。そのため、登記の際には株主リストを新たに作成するか、既存の株主名簿に議決権数を加える必要があります。

ちなみに、株主名簿に法定記載事項以外を記載しても問題ないので、常に議決権数を株主名簿に入れておくことも可能です。

 

この記事の執筆者

渋田貴正
渋田貴正
V-Spiritsグループ 税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士
税務顧問・社労士顧問のほか、会社設立登記や会社変更の登記などの実務を幅広くを担当。その他各種サイトや書籍の執筆活動も展開中。

関連記事

新着コラム

  1. 取締役ごとに任期を変えることはできる特に中小企業においては、創業社長とその後に取締役に就任し...
  2. 責任限定契約とは?取締役をはじめとする株式会社の役員は、その職務の遂行にあたって会社に損害を...
  3. 事業目的における制作と製作の使い分け会社設立の際に必ず決めなければならないのが事業目的です。
  4. 取締役などの任期の伸長例えば、もともと2年などの期間で取締役の任期を設定していた株式会社が、...
  5. 顧問弁護士も監査役への就任が可能監査役の選任が必要になるケース、例えば取締役会を設置しようと...
ダウンロードはこちら