コラム

合同会社で外国の法人を業務執行社員にするには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合同会社は法人でも業務執行社員や代表社員になることができます。そして、その法人が外国で登記された法人であっても日本での合同会社に出資して業務執行社員になることは可能です。

しかし、外国で登記された会社なので、日本国内の法人と異なりその実態の確認ということで、いくつかの書類が必要となります。この場合、日本国内で外国会社の登記がされているかどうかで手続きが変わってきます。

1)日本国内で外国会社の登記がされている場合

この場合は、外国会社の登記をする際に、その本国での登記などは確認されています。そのため、外国会社の登記がされていれば、その「日本における代表者」が一切の行為をする権限を有しますので、その者が合同会社への出資から、職務執行者の選任まで決定できます。

そのため、日本で外国会社の登記がされていればそこまで手続きは複雑ではありません。

2)日本国内で外国会社の登記がされていない場合

この場合は、そもそもその法人が外国で登記されているということを証明することから始まります。最も一般的な方法としては、本国官憲、つまり外国の公的機関(在日大使館や領事館含む)や本国の法律により任命された公証人に認証された「宣誓供述書」を作成することです。

宣誓供述書には、法人が確かに本国に存在すること、業務執行社員として合同会社に加入することなどを盛り込みます。宣誓供述書は供述した内容をそのまま認証するので、その内容が日本の法務局に受理されるかどうかまでチェックしてくれるわけではありません。具体的な供述書の中身については渉外関係に強い司法書士などに相談の上進めるとよいでしょう。もちろん当事務所でも承っています。

いずれの場合も、外国法人が日本の合同会社の業務執行社員や代表社員に就任することは可能です。この場合職務執行者を選任しなければならないのも日本の法人が業務執行社員になるのと同じです。職務執行者については外国在住の人でも選任可能です。

この記事の執筆者

渋田貴正
渋田貴正
V-Spiritsグループ 税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士
税務顧問・社労士顧問のほか、会社設立登記や会社変更の登記などの実務を幅広くを担当。その他各種サイトや書籍の執筆活動も展開中。

関連記事

新着コラム

  1. なぜバーチャルオフィスでの口座開設が難しいといわれるのか会社設立をするときに必ず決めなければ...
  2. 現在の代表取締役(または代表社員)が退任することになり、後任の代表者が選任されたケースを想定します。
  3. 宣誓供述するのは誰でもよいわけではない外国で登記された会社が日本で継続して取引を行うには日本...
  4. 士業法人は会社形態でいうと「合名会社」に近い性質を持ちます。
  5. 日本に営業所がなくても外国会社の登記は必要海外で登記された会社、いわゆる外国会社については、...
ダウンロードはこちら