コラム

一般社団法人の非営利と公益の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

般社団法人の非営利と公益の違いとは?

一般社団法人には2つの言葉的に似た概念があります。それが「非営利」と「公益」です。

いずれも「儲けのためにやっているのではない」というニュアンスが伝わってくる言葉ですが、この2種類については明確な違いがあります。

一般社団法人の「非営利」と「公益」の違いを表にまとめました。

 

特徴 非営利型一般社団法人 公益社団法人
目的 非営利性があれば個人や特定の集団の利益のための存在でもよい 社会一般の利益に寄与するための存在でなければならない
利益の分配 利益を個人や株主に分配しない 利益を個人や株主に分配しない
税制優遇 一定の税制優遇が可能 より広範な税制優遇措置を受ける可能性
規制 税制上の規制を満たすかどうか 国や都道府県による法的な規制と監督下で運営
透明性 活動の報告義務などはない 高い透明性と公正性が求められる
活動範囲 文化、教育、スポーツなど幅広い 一般社会全体への利益に通じることが必要

あくまでこの違いは実体的なもので手続き的な違いは別のところで説明できればと思います。

簡単にまとめると、非営利型とは税制の優遇を受けるために一定の要件を満たすように設立された一般社団法人をいい、公益社団法人とはその名の通り公共の利益、社会全体の利益のために設立された法人をいいます。

公益認定を受けるには手続き面でも第三者委員会による審査や、国や都道府県による認定が必要であり、公益の目的を満たすという実体面も相まって、設立することは非常にハードルが高いといえます。

一方の非営利型は税務上の概念なので要件を満たせば「非営利」に該当するということで、認定などの特別な手続きは必要ありません。

言葉のイメージは「利益のためにやっているのではない」似ていますが、両者は全く違う概念であり、混同しないように気を付けておきましょう。

この記事の執筆者

渋田貴正
渋田貴正
V-Spiritsグループ 税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士
税務顧問・社労士顧問のほか、会社設立登記や会社変更の登記などの実務を幅広くを担当。その他各種サイトや書籍の執筆活動も展開中。

関連記事

新着コラム

  1. 一般社団法人の公告方法一般社団法人を設立する場合にも、株式会社や合同会社と同じように公告方法...
  2. 会社設立後に発行済みの株式を他者に譲渡したり、株主だった人から株式を譲り受けたりすることがあります。
  3. 不動産管理会社の収益の計上方法には主に以下の3パターンがあります。
  4. 国外送金等調書とは?国際的な取引が当たり前になってきている中で、国際送金についても日常的に行...
  5. 不動産管理会社の収益の計算方法個人で所有する不動産の収益を個人から法人に移転するために不動産...
ダウンロードはこちら