非公開会社と公開会社の違い

公開会社と非公開会社の違い

会社法上の公開会社の定義は、「発行する株式の全部または一部について譲渡制限をしていない会社」のことをいいます。「一部」という言葉の通り、1株でも譲渡制限がかかっていない株式を発行していれば会社法上は「公開会社」となります。逆にいえば、すべての株式について譲渡制限がかかっている会社が会社法上の「非公開会社」となります。

 

会社法における公開会社と非公開会社の違いは以下の通りです。

非公開会社 公開会社
定義 全ての株式に譲渡制限がかかっている 1株でも譲渡制限のない株式がある
組織形態 制限なし 取締役会、監査役の設置義務あり
議決権制限株式 発行に制限なし 発行済株式総数の2分の1を超えた場合に直ちに議決権制限株式の数を発行済株式の総数の2分の1以下にする必要がある
役員選任権付種類株式 発行可能 発行できない
株主との個別契約による議決権などの制限 可能 できない
監査役の監査範囲を会計に関するものに限定する定款の定め 可能 できない

新着コラム

  1. 取締役ごとに任期を変えることはできる特に中小企業においては、創業社長とその後に取締役に就任し...
  2. 責任限定契約とは?取締役をはじめとする株式会社の役員は、その職務の遂行にあたって会社に損害を...
  3. 事業目的における制作と製作の使い分け会社設立の際に必ず決めなければならないのが事業目的です。
  4. 取締役などの任期の伸長例えば、もともと2年などの期間で取締役の任期を設定していた株式会社が、...
  5. 顧問弁護士も監査役への就任が可能監査役の選任が必要になるケース、例えば取締役会を設置しようと...
ダウンロードはこちら