非公開会社と公開会社の違い

公開会社と非公開会社の違い

会社法上の公開会社の定義は、「発行する株式の全部または一部について譲渡制限をしていない会社」のことをいいます。「一部」という言葉の通り、1株でも譲渡制限がかかっていない株式を発行していれば会社法上は「公開会社」となります。逆にいえば、すべての株式について譲渡制限がかかっている会社が会社法上の「非公開会社」となります。

 

会社法における公開会社と非公開会社の違いは以下の通りです。

非公開会社 公開会社
定義 全ての株式に譲渡制限がかかっている 1株でも譲渡制限のない株式がある
組織形態 制限なし 取締役会、監査役の設置義務あり
議決権制限株式 発行に制限なし 発行済株式総数の2分の1を超えた場合に直ちに議決権制限株式の数を発行済株式の総数の2分の1以下にする必要がある
役員選任権付種類株式 発行可能 発行できない
株主との個別契約による議決権などの制限 可能 できない
監査役の監査範囲を会計に関するものに限定する定款の定め 可能 できない

新着コラム

  1. 事業年度とは?事業年度とは、法人税の申告のための1つの期間をいいます。
  2. 役員が死亡した場合の退任登記取締役や監査役などの役員は、以下の場合に退任します。
  3. 現物出資と登記や登録会社設立時や増資のさいに現物出資を行う場合、対象となる資産には、個人保有...
  4. 個人事業主の法人化に伴う消費税問題個人事業主が法人化して会社設立する理由の一つとして、消費税...
  5. 定款の定めによる役員の責任一部免除役員の責任の免除については、総株主の同意や株主総会の特別決...
ダウンロードはこちら