購入型クラウドファンディング

融資

購入型クラウドファンディング

クラウドファンディング(Crowd funding)とは簡単にいうと、会社設立をする人や新規に事業を起こそうとする起業家が、インターネットなどを通じて個人から少額のお金を集める手法です。資金を調達する方法を総称してクラウドファンディングと呼んでいます。

購入型クラウドファンディングはお金を出してもらう対価として、自社の商品やサービスなどを資金の出し手に提供します。起業家などがクラウドファンディングのサイト上で商品やサービスをPRして、資金の出し手は気に入った商品やサービスに資金を提供して、事前購入やサービスの予約を行います。商品やサービスの提供を伴うため、BtoCのビジネスと相性が良いといえます。

資金の出し手としては、まだ世に出ていないサービスに対してお金を出すわけですから、購入型のクラウドファンディングでは、共感を得られるかどうかがお金を集められるカギとなります。そのため、商品が魅力的なのは当然として、その魅力を十分に伝えるためにクラウドファンディングのサイト上でどのように打ち出していくかも重要なポイントになります。

創業融資を併用できる

購入型のクラウドファンディングでは、商品やサービスの提供を行うため、起業家にとっても相応のコストを伴います。その意味では集めたお金がすべて手元に残るわけではなく、提供する商品やサービスのコストは差し引いて考えなければなりません。

とくに起業当初は、大きなお金が必要となり、購入型のクラウドファンディングだけで創業に必要な資金のすべてを賄うことは非常に困難です。資金調達という意味ではクラウドファンディングに過度に依存せず、資金調達の一部を構成するものとしてとらえて、創業融資なども併用して開業資金をしっかりと調達しておくことが重要です。

新着コラム

  1. 会社が資本金を増やす方法には、新たに出資を受ける方法(有償増資)がケースとしては多いですが、それまで...
  2. 一旦合同会社として会社設立した場合に、株式会社への組織変更が必要になることがあります。
  3. 合同会社では、新たな社員の加入をする際には、定款に特別の定めがなければ、総社員の同意が必要です。
  4. 株式会社を設立するときは、出資金を発起人の口座に入金する必要があります。
  5. 海外在住の人でも会社設立が可能ということで別コラムを書いていますが、これは日本国籍を持つ日本人だけで...
ダウンロードはこちら