購入型クラウドファンディング

融資

購入型クラウドファンディング

クラウドファンディング(Crowd funding)とは簡単にいうと、会社設立をする人や新規に事業を起こそうとする起業家が、インターネットなどを通じて個人から少額のお金を集める手法です。資金を調達する方法を総称してクラウドファンディングと呼んでいます。

購入型クラウドファンディングはお金を出してもらう対価として、自社の商品やサービスなどを資金の出し手に提供します。起業家などがクラウドファンディングのサイト上で商品やサービスをPRして、資金の出し手は気に入った商品やサービスに資金を提供して、事前購入やサービスの予約を行います。商品やサービスの提供を伴うため、BtoCのビジネスと相性が良いといえます。

資金の出し手としては、まだ世に出ていないサービスに対してお金を出すわけですから、購入型のクラウドファンディングでは、共感を得られるかどうかがお金を集められるカギとなります。そのため、商品が魅力的なのは当然として、その魅力を十分に伝えるためにクラウドファンディングのサイト上でどのように打ち出していくかも重要なポイントになります。

創業融資を併用できる

購入型のクラウドファンディングでは、商品やサービスの提供を行うため、起業家にとっても相応のコストを伴います。その意味では集めたお金がすべて手元に残るわけではなく、提供する商品やサービスのコストは差し引いて考えなければなりません。

とくに起業当初は、大きなお金が必要となり、購入型のクラウドファンディングだけで創業に必要な資金のすべてを賄うことは非常に困難です。資金調達という意味ではクラウドファンディングに過度に依存せず、資金調達の一部を構成するものとしてとらえて、創業融資なども併用して開業資金をしっかりと調達しておくことが重要です。

新着コラム

  1. なぜバーチャルオフィスでの口座開設が難しいといわれるのか会社設立をするときに必ず決めなければ...
  2. 現在の代表取締役(または代表社員)が退任することになり、後任の代表者が選任されたケースを想定します。
  3. 宣誓供述するのは誰でもよいわけではない外国で登記された会社が日本で継続して取引を行うには日本...
  4. 士業法人は会社形態でいうと「合名会社」に近い性質を持ちます。
  5. 日本に営業所がなくても外国会社の登記は必要海外で登記された会社、いわゆる外国会社については、...
ダウンロードはこちら