外国人起業家のための在留資格

平成27年4月1日より、「投資・経営」の在留資格取得の要件が大幅に緩和され、外国人が起業・会社設立しやすくなりました。

登記申請においては、海外在住の人だけで会社設立が可能となりましたが、在留資格の規制緩和によって、さらに外国人のビジネスはしやすくなったといえます。

また、この変更に合わせて、在留資格の名称も「投資・経営」から「経営・管理」に変更されました。

変更点その1 500万円の資本金要件の撤廃

これまでは、外国人が500万円の自己資金を用意する必要がありました。しかし、この要件が撤廃され、外国人自身が出資しなくてもよくなりました。この代わりの要件として、「常勤従業員2名以上の雇用、または500万円以上の投資加入もしくはそれに準ずる規模」となりました。つまり、実質的には500万円の要件は残っていますが、出資者が日本人でも大丈夫ということになります。

変更点その2 会社設立前でも「経営・管理」の申請が可能

これまでは、「投資・経営」の申請には、設立した会社の登記事項証明書の提出が必要でした。このため、来日前だったり、たとえ来日しても3ヶ月以下の在留期間しかなかったりする場合(短期滞在ビザ等)は、銀行口座が作成できず、その結果、一人で会社を設立することができなかったのです。

今回、この点も改正され「経営・管理」取得の申請において、まだ会社設立していない場合でも、定款など事業開始が明らかになる資料を提出して、申請できるようになりました。

変更点その3 「経営・管理」の在留資格に4カ月の在留期間が新設

「投資・経営」の最短の在留期間は6ヶ月でしたが、 今回の改正で「経営・管理」の在留期間に4ヶ月が新たに設けられました。 この趣旨は、変更点その2で書いたように、定款を提出して会社設立前に、在留資格の申請をした申請者には在留期間4ヶ月の「経営・管理」の在留資格を与えることで、入国後に会社設立登記 を行う機会を与えようとするものです。いわば、会社設立のための臨時の在留資格といえます。

実務上は、「経営・管理」の申請者本人、または司法書士などの代理人が日本で定款の認証手続きを行い、その定款を添付して「経営・管理」の在留期間4ヶ月の在留資格を取得することができるようになりました。 さらに、この「経営・管理」の在留資格により在留カードを取得し、それを提示して銀行口座を開設し、会社設立に必要な出資金の払い込みが可能となります。また、在留カードにより、住民票登録や印鑑証明書取得も可能となります。このように、4ヶ月の在留資格を使って、会社設立のための下準備ができるのです。

こうして、会社設立の登記申請を行い、登記事項証明書が取得できれば、通常の「経営・管理」の在留資格の申請が可能となるのです。

 

新着コラム

  1. 会社が資本金を増やす方法には、新たに出資を受ける方法(有償増資)がケースとしては多いですが、それまで...
  2. 一旦合同会社として会社設立した場合に、株式会社への組織変更が必要になることがあります。
  3. 合同会社では、新たな社員の加入をする際には、定款に特別の定めがなければ、総社員の同意が必要です。
  4. 株式会社を設立するときは、出資金を発起人の口座に入金する必要があります。
  5. 海外在住の人でも会社設立が可能ということで別コラムを書いていますが、これは日本国籍を持つ日本人だけで...
ダウンロードはこちら