会社設立にあたり起業家が知っておくべき法律

ビジネスを行うにあたっては、さまざまな法律が関わってきます。民法や会社法、労働基準法、各種許認可に関する法律のほかにも、企業分野によってはビジネス自体を制約するいろいろな法律があります。

「会社設立したばかりで、法律を知りませんでした。」なんてことがないように、主な法律は知っておきましょう。

①特定商取引法

②不正競争防止法

③景品表示法

④下請法

新着コラム

  1. なぜバーチャルオフィスでの口座開設が難しいといわれるのか会社設立をするときに必ず決めなければ...
  2. 現在の代表取締役(または代表社員)が退任することになり、後任の代表者が選任されたケースを想定します。
  3. 宣誓供述するのは誰でもよいわけではない外国で登記された会社が日本で継続して取引を行うには日本...
  4. 士業法人は会社形態でいうと「合名会社」に近い性質を持ちます。
  5. 日本に営業所がなくても外国会社の登記は必要海外で登記された会社、いわゆる外国会社については、...
ダウンロードはこちら