会社設立にあたり起業家が知っておくべき法律

ビジネスを行うにあたっては、さまざまな法律が関わってきます。民法や会社法、労働基準法、各種許認可に関する法律のほかにも、企業分野によってはビジネス自体を制約するいろいろな法律があります。

「会社設立したばかりで、法律を知りませんでした。」なんてことがないように、主な法律は知っておきましょう。

①特定商取引法

②不正競争防止法

③景品表示法

④下請法

新着コラム

  1. 株式分割を行う理由株式会社を設立する際には発行済株式総数を決める必要があります。
  2. 減資など債権者保護手続きを行う場面はいくつかあります。
  3. 会社法では、決算公告について以下のように定められています。
  4. 役員の責任免除の規定については、大きく分けて4つのパターンがあります。
  5. 累積投票とは取締役選任のための特殊な議決方式いろいろなサイトなどでアップされている株式会社の...
ダウンロードはこちら