会社設立にあたり起業家が知っておくべき法律

ビジネスを行うにあたっては、さまざまな法律が関わってきます。民法や会社法、労働基準法、各種許認可に関する法律のほかにも、企業分野によってはビジネス自体を制約するいろいろな法律があります。

「会社設立したばかりで、法律を知りませんでした。」なんてことがないように、主な法律は知っておきましょう。

①特定商取引法

②不正競争防止法

③景品表示法

④下請法

新着コラム

  1. 合同会社の損益分配と利益配当の違い合同会社では、毎期社員に対して損益の分配が行われます。
  2. 合同会社の損益分配は定款に方法を定められる合同会社では、決算の都度各社員に持分の分配が行われ...
  3. 決算公告のインターネット開示官報や日刊新聞氏を公告方法にしている会社については、決算公告につ...
  4. 組織変更と同時にできる登記合同会社から株式会社に組織変更するときには、「組織変更計画書」を作...
  5. 資産管理会社とは最近、会社経営者からの資産管理会社の設立についての問い合わせが増えています。
ダウンロードはこちら