会社設立登記の添付書類

会社設立必要書類をチェック

取締役会を設置しない場合

①定款原本
電子定款の場合で、会社設立登記を電子申請にて行う場合は、公証役場で受け取った電子データを添付することも可能です。

②発起人決定書
定款で本店所在場所を市区町村までしか定めていない場合や、役員構成を定款で明示していない場合など)

③役員の就任承諾書
取締役については実印、監査役については認印を押印

④取締役の印鑑証明書(発行から3か月以内)
印鑑証明書は、公証役場での定款認証でも使用します。公証役場で原本を還付してほしい旨伝えれば、コピーを取って還付してもらえます。そのため、印鑑証明書は1通で済む場合もあります。

出資金の払い込みがあったことを証する書面

⑥監査役の住民票(もしくは運転免許証のコピーに本人が「原本と相違ない」旨記載して押印したものなど)
この書類については、住民票を添付するのが最もシンプルで、問題も少ないでしょう。

このほかに現物出資をする場合には、以下の書類も必要になります。

⑦設立時取締役の調査書+財産引き継ぎ書

⑧資本金の額が会社法に従って計上されたことを証する書面

取締役会を設置する場合

基本的に取締役会を設置しない場合と同じですが、印鑑証明書は代表取締役だけ必要となります。

その代り、その他の取締役については、住民票(もしくは運転免許証コピー)が必要となります。

新着コラム

  1. 会社が資本金を増やす方法には、新たに出資を受ける方法(有償増資)がケースとしては多いですが、それまで...
  2. 一旦合同会社として会社設立した場合に、株式会社への組織変更が必要になることがあります。
  3. 合同会社では、新たな社員の加入をする際には、定款に特別の定めがなければ、総社員の同意が必要です。
  4. 株式会社を設立するときは、出資金を発起人の口座に入金する必要があります。
  5. 海外在住の人でも会社設立が可能ということで別コラムを書いていますが、これは日本国籍を持つ日本人だけで...
ダウンロードはこちら