発行済株式総数はどうする?

発行済株式総数とは、その名の通り、発行している株式の数です。

会社設立段階では、出資金の合計額を1株あたりの単価で割って計算します。

発行済株式総数=出資金の合計額/1株当たりの単価

出資金の決定については、こちらをご覧ください。

また、出資金の決定と並んで、どうすればよいか迷うのが1株あたりの単価です。とはいっても、社長の1人会社の場合は、正直いくらでも大丈夫です。100万円の出資金なら1株100万円、発行済株式総数1株でもいいですし、1株1万円、発行済株式総数100株でもOKです。

外部から出資を受ける予定や、株を売り渡すことも全くないのであれば、1株いくらだろうと関係ありません。

しかし、将来的に出資を受けようとする場合や、株を譲渡することを考えているのであれば話は変わってきます。出資を受けるにあたってはできるだけ株式を小口にしておいた方が、お金の出し手からすれば、細かい出資額の調整ができるのでやりやすいという面があります。

また、第三者に譲渡する場合にも、株数は細分化されている方が望ましいと言えます。安定株主と言えるためには、発行済株式総数の3分の2超を保有している必要があります。もし株式の単位があまりにも大きいと、一部だけ渡すということができず、株式の譲渡が困難になります。株式分割という方法によって会社設立後に単価を切り下げることも可能ですが、手間やコストがかかります。

実際には、多くの場合1株=1万円がキリもよく、用いられる金額です。ちなみに、上場会社などで1株100円などさまざまな値段で取引されていますが、あくまで1株の金額は、会社の価値と発行済株式総数との関係で決まりますので、単価ベースで比較することに意味はありません。会社設立時点では会社の価値も分からないので、1株の値段は自由に決めても問題ありません。

新着コラム

  1. 外国会社の日本における代表者と契約締結代理人の違い外国会社の日本における代表者とは、以下のよ...
  2. 不動産管理会社の管理委託方式とは不動産管理会社の収益の計上方法には主に以下の3つのパターンが...
  3. 事業所得と不動産所得の両方ある場合の青色申告特別控除青色申告特別控除は事業所得と不動産所得、...
  4. 青色申告を提出できる個人の範囲青色申告の承認申請を提出することができる個人は以下の所得を有す...
  5. 定時株主総会の開催が遅れた場合の役員の任期取締役の任期については、会社法では以下のように定め...
ダウンロードはこちら